CHACO

アメリカ・コロラドでリバーガイドとして働いていたマーク・ペイガンが、靴職人だった経験と知識を生かし、自分でサンダルを作ることを決意。そして1988年"CHACO(チャコ)"がスタートしました。Z2のストラップ形状や張り替えができるソールなどの特長を持ったサンダルは口コミで人気を呼び、現在でも"CHACO(チャコ)"ポリシーとして受け継がれています。さらに足を専門とする整形外科医の協力を得て、人間工学的な側面からも快適なデザインを追求し続けておりFit(フィット性)/Comfort(快適性)/Support(サポート性)/Performance(性能)を追求し、トータルフットウェアカンパニーを目指して開発に力を注ぎ成長を続けています。

現在登録されている商品はありません。