NEWS / BLOG

2021.04.25
STAFF BLOG

アークテリクス?アーケオプテリクス?

アークテリクス?アーケオプテリクス?

こんにちは。草津店の矢田です。

タイトルを見てなんのことやら?と思われている方も多いでしょう。

本日は、”明日だれかに言いたくなるへぇ〜なこと”をお伝えします。

4月の月初めに行ってきました!こちら!

 

 

恐竜が大好き!というわけではない私でも、展示されてる恐竜に圧倒され、

大人でもおもしろく、動画などあってわかりやすい!今回は撮影もOKでたくさん撮って楽しんできました!

なにより、平日の朝は静かで不必要な会話もなく、館内も広かったので落ち着いて見れたのが良かったです。

もちろん、気を緩まずにマスク必須のキープディスタンスを忘れずに!!

進み始めてると….

 

 

……アーケオプテリクス!!!

 

なんと、アークテリクスの元となる。化石があるではないですか!

 

美術館の解説とその後調べてみて、

始祖鳥と呼ばれるアーケオプテリクスってどんな恐竜だったのか軽くご紹介しましょう。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

アーケオプテリクスは恐竜が進化していく中で、やっとこさ羽ばたけるまで進化した恐竜です。

胸の筋肉は発達してなかったみたいなので長距離は飛べなくて、断崖絶壁を貼り付くよう暮らしていたそうです。

その始祖鳥の姿をクライマー理想の姿にとらえ、ARC’TERYX社のシンボルとしたとかなんとか、、

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

みなさん気になることでしょう。

始祖鳥アーケオプテリクスの姿がこちら

 

 

つい最近ニューズに入荷したTシャツと比べてみましょう。

 

ARC’TERYX(アークテリクス) アークワード Tシャツ メンズ(24013)

¥4,950(税込)

 

たしかに、マークにそっくりです。

羽もしっかり再現されてますね〜すごい。

 

進化によって空を飛ぶようになったアーケオプテリクスのように、

ARC’TERYXも進化を続けていくという強い想いが込められています。

 

私もリュックやジャケットを持っていますが、信頼できる機能性はもちろん、

デザインも洗礼されていて、着ていても気が引き締まります◎

なにより駅まで自転車通勤の私には、特に持ってこいです。

 

今回は偶然アーケオプテリクスの化石を見つけましたが、

ブランドの歴史を見つけ、実際に感じたりすることはなかなか無いので、貴重で面白かったです。

 

真面目に語りすぎたので

美術館の帰り、近くの琵琶湖まで行って

「ここが私のanother sky !」などふざけていた写真を〆にして終わります。

 

 

実際には、home townですが、

そんなホームタウン滋賀でのアークテリクスの取り扱いは、ニューズだけになります。

 

またお店の方でも魅力をお伝えできればと思います♩

長々と読んでいただきありがとございました。

草津店 矢田


佐川美術館
※今回写真の掲載の許可をいただいております。
※学芸員さんに伺ったところ来館は、平日はどの時間帯も空いているとのことです。
また、土日祝の場合は朝一が混み始め、終日来館者は多く15:30~16:00くらいが比較的空き始める時間帯とのことです。
GWも挟みますが、期間も長く設けて開催されてますので来館される際の参考にしてくださいね。